終末期医療をどのように求めるかは決めておきたい

あまり知られていませんが、終末期医療を受けるにあたって自分の意思を明確に記した文書が存在します。
それが、尊厳死協会が作成した尊厳死の宣言書です。
もう明らかに助からないとはっきりした状態になった時、自分の意思を伝えることができない場合に備え、予めこうしてほしいと頼んでおく内容になっています。
宣言書においては現代医学で可能なあらゆる方法を試み、これ以上手を尽くしても助かる見込みはないとはっきりした時には、延命治療は望まないとはっきり宣言します。
ただし、苦痛を取り除くための治療は最大限に行ってほしいという内容です。
これはおそらく死を目前にした人が望む、最期の医療内容として共通する思いでしょう。
何もわからなくなってしまった状態で、機械によって長く生き続ける理由はないし、それはつらいことです。
ただ、治癒する見込みはないとしても、苦痛の中で終わりを迎えたくはないという気持ちはみんな同じです。
いつ訪れるかわからないことだけに、自らの最期を考えて誰もが尊厳死の宣言書を作成しておくべきなのかもしれません。